洋服ダンスを殴った夫

結婚して間もない頃の話です。

家の中で、壁を這うようにしないと歩けないくらい夫の荷物があり困っていた私は、夫が着ない洋服を黒いゴミ袋に入れて、
次の日に捨てるために、玄関に置いていた。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ


捨てようとしていたのは、もちろん夫の許可なく私が勝手に選んだ服だ。
だって、いちいち許可なんかとろうとしたら、1枚も捨てられませんからね(≧ヘ≦ )

いつもどおり夫が仕事から帰ってきて普段着に着替え・・・
普通にくつろぐかと思ったら、な、なんと、その日は玄関に直行。

そして夫の洋服が入っている黒いゴミ袋を開いたのだ(゚o゚;;


中身を見た夫は大きな声で、

夫 「なんだよ、これ! 勝手に捨てんなよ!」 と怒る。

私 「どうせ着ないんだからいいじゃない! 
 捨てていかないと家の中を普通に歩くこともできないんだから!」 と反論する。


ダンボールと家具でいっぱいのアパートだったから、
「捨てる」ことを選択した私は間違ってなかったと今でも思っている。

でも、夫の立場からすると
勝手に人のものを捨てようとしやがって!と
相当ハラが立ったに違いない。

私が男だったら、もしかしたら殴られていたかも。

でも私を殴るわけにはいかないと思ったみたいで、
(もし殴られていたらその場で即離婚を決めたと思う)

夫はゴミ袋から離れて洋服ダンスの前まで歩いていき、
そして、いきなり、グーで思いっきり、タンスを殴ったんです。

よっぽど力が入ってたんでしょうね。

バキッと言う音がして、タンスにはヒビが・・・


hibi

このヒビを見るたびに、あの日のことを思い出す。

でも夫と別れれば、そんなことも忘れてしまうんだろうな。

そんなガラクタにまつわる楽しくない思い出は、
離婚して早く忘れてしまいたいものです。

ちなみに、黒いゴミ袋に詰めた夫の服は、
全て夫のタンスの中にしまわれて、捨てることはできなかった。

夫のものを捨てる時は、絶対に夫に見つからないようにしないといけないと学んだ出来事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。