夫が「離婚」って言った!

私が夫のビデオテープを捨てようとした時の話です。

家のビデオデッキは完全に壊れて使えないため、
夫は今や大量のビデオには見向きもせず観るのはDVDばかり。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ


何十年も前にテレビ番組を録画したビデオなんて撮ったことも覚えてないだろうし
ビデオデッキがないんだから、この先、永遠に観ることがないのはわかりきっているから、

段ボールに詰まっているビデオの中から20本ほど選んで、
フライパンと一緒に燃えないゴミで出そうと思い、燃えないゴミの袋に入れて玄関に置いておいた。

最近の夫はゴミ袋の中身を確認したりしないから大丈夫だろうと思って
つい玄関に置いてしまったのだ。


そしたら、その日、珍しく夫がそのゴミ袋を開けて中身を見たようで、
私のところに来て怒った口調で、こう言った。

夫「あれ、俺のビデオだろ? どうして捨てるんだよ!」

私はビックリしたけど、ここで怯んではいけないと思って、

「あのビデオは私のよ。観ないから捨てるの。」

と返した。

だけど

夫「俺のも入ってるじゃないか! あれ、俺のだよ。なんで捨てるんだよ!」

だんだん声が大きくなってくる。

私「だから、あれは私のだってば!」

・・・と2人は言い合いに。

夫は怒ってゴミ袋の中のビデオを全部、段ボール部屋に持っていった。

念のため、ビデオテープは再生できないように全部、切ってあったから、夫のだとバレることはない。
ただ、捨てようと思っていたのに捨てられなくなったのは残念だった。

それからしばらくした後、夫が台所にいたので私が、

「離婚する?」って聞いてみたところ、ボソッと、

夫「離婚するか・・・。」

私 (おっ! 離婚って言った!)←心の声

だけど夫は、数時間後には、私がビデオテープを捨てようとしたことも、
私と離婚しようと思ったことも忘れて
ダンボール部屋にこもってお笑い番組を見ている。
楽しそうな笑い声が部屋の外に聞こえてくる・・・。

結局、ビデオテープなんて夫にとっては、たいして重要なものではないのだ。
物に執着しているから捨てたくないだけ。

全く必要ない、いらないものなんです。
だから捨てようと思った。

私だって、何でもかんでも捨ててるわけじゃない。

ビデオにタイトルも何も書いてなくて、
何が録画されているかわからないビデオや、
むか~しのテレビ番組が録画されてるビデオを一応、選んでいるのだ。

そのビデオを隠した場所は見つけたから、
夫が仕事に行ってる間に捨てなくては。

今度は絶対に見つからないようにね・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も一緒に読まれています

こちらの記事も一緒に読まれています


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク