物件が見つからず離婚保留に。

3月中に猫2匹と暮らせる物件を探して、
離婚して引っ越ししたかったけど、現実は厳しかった。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ


犬でも猫でも、1匹ならOKという所は
数少なくてもあったけど、2匹だと全く見つからなくて・・・

離婚保留に。


夫の「猫2匹、飼えるとこなんかねーよ。」の言葉通りになった。

なんだか悔しい。


でも、これが現実だ。
とりあえず受け入れるしかないと思った。

引き続き、物件を探すしかないけど、
どうしても見つからなかったら・・・

っていう不安は拭えない。

そんなこと考えちゃダメだって思い直すけど、
心の隅にある不安な気持ちは、なかなか消えない。

ここで詳しくは書かないけれど、
この前、命の危険を感じた出来事があった。

これまで夫は大声で怒鳴ったり、
私のことを殴る寸前で怒りを抑えてることが何度かあったけど、
そういうことをはるかに上回るような出来事ががあったのだ。

その時、私は、”早くこの家を出なければいけない”と思った。

どうにか家が見つかって引っ越しできるように祈るしかない。




先日、また、あらたに夫の靴下を発見してしまった。
そして使わないハンカチや手袋、そしてなぜか足袋!?

なんで、絶対に履かないくせに足袋なんか持ってるのよ!
と、見つけた瞬間イラッとした。





それに、たぶん私と結婚する前に買ったのであろう新品のシャツ(値札付き)や
10年以上前にクリーニングに出したけど、その後、一度も着てないシャツ。
やはり着ないトレーナーなどなどを処分した。

この程度、捨てたところで部屋の見た目が変わるわけじゃないし、
スペースができるわけでもないけど、
少しでもモノを減らさないと
ベランダに洗濯物を干しに行く時に歩くスペースが狭まってきてるし、
窓も開けずらくなってきているのだ。

捨てても捨てても減らないって・・・?


ああ、早くひとりになって、モノが少ない家で暮らしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。